• 生ゴミは焼却または埋め立て処分されていますが、 水分を多く含むため、焼却時には、大きなエネルギーが必要であったり、埋め立てでは集積場所の汚汁や埋立地での悪臭衛生上の問題などが生じています。
  • そこで、食品廃棄物の発生の抑制・再生利用・熱回収・減量に取組むことによって、循環型社会の構築を目指した食品廃棄物の抑制や食品関連産業の健全な発展を目的として、平成19年度を基準に、食品リサイクル法が定められました。
  • ご存知のとおり、年間100トン以上の廃棄物がある事業者が対象となり、現在では年一回「定期報告書」の提出が義務付けられています。

食品リサイクル法